もどる

下関市豊浦西消防署の皆様、ありがとうございました。
これからも、一人ひとりが、防火の意識を高くもっていきたいと思います。

最後に、子どもたちからのいろいろな質問に答えて下さいました。

「火事だー!」と叫んで、消火器を操作します。上手にできるでしょうか。

 消防署の方のお話によりますと、初期消火はあくまで大人が行うもので、子どもたちが火を発見した場合は安全なところに避難することが最優先されるべきである、とのことでした。

 そこは十分確認した上で、子どもたちも、防火意識を高めるために、「水消火器」で初期消火の体験をさせていただくこととなりました。

「火事だー!」と大きな声で叫んで、消火器を操作し、一気に火を消します。

静かに、すばやく避難をすることができました。

1月19日 火災避難訓練
 1月19日(水)、下関市豊浦西消防署の方々を講師にお招きして、火災を想定した避難訓練を行いました。

 各教室で放送を聞いた後、「おはし」の約束(おさない、走らない、しゃべらない)をしっかりと守って、すばやく避難しました。その後、もし火災が起きたらどうするかについてお話をしていただきました。

 校長先生からは、火事のおそろしさや、火事を起こさないために普段から気を付けるべきことなどについて、お話がありました。

まず、消火器の操作方法を教えていただきました。

次に、実際に消火器を使って火を消す「初期消火」の訓練をしました。これは、教員が行いました。